Lv.50 腐敗遺跡 古アムダプール市街
概要魔法文明華やかなりし第五星暦末期、古都アムダプールは白魔法の力で繁栄を手にしていた。だが、敵対する勢力により、壮麗な都に「闇よりの使者」が召喚される。激闘の末、なんとかその存在の封印に成功したものの都市は大いに傷つき、第六霊災を乗り切ることはできなかった。
以後、精霊の力により秘匿されていた遺跡だったが、第七霊災の影響により、封印にほころびが生まれつつあった……。
INFORMATION古アムダプール市街/制限時間 90分
参加条件4人用
クラス ファイター ソーサラー
レベル 50
※装備しているアイテムレベルの平均が55以上
クエスト名「腐朽の魔都市」
クエスト受注条件メインクエスト「究極幻想アルテマウェポン」をコンプリートしていること

メモ

お待ちしていましたよ、Kimiru。
あなたの力をお借りしたいことがあるのです……。
依頼の主は、「三重(みえ)の幻術皇」……
グリダニアの最高指導者であらせられる
カヌ・エ・センナ様を長女とする、角尊の三姉弟。
……三姉弟のなかでも、
精霊の声をもっともよくお聞きになるア・ルン様が、
何やら、暗たんたる兆候を察知されたとのこと……。
兆候の源は、南部森林の「古アムダプール市街」……。
第五星暦時代、魔法文明を礎に繁栄した都市の遺跡ですが、
今では結界により封じられております……。
なぜなら、かの地は霊災以降、
属性の調和が乱れ、森が朽ち果ててしまったのです。
此度は、そうした危地へ赴いていただくことになります。
本来ならば、双蛇党が当たるべき案件ですが……
なにぶん人員が不足していることもあり、
数々の功績をあげたあなたに、ご協力いただきたいのです。
まずは、南部森林のキャンプ・トランキルにいらっしゃる、
ア・ルン様の姉君「ラヤ・オ・センナ」様より
調査の詳細をお聞きください。
幻術士ギルドマスター「エ・スミ・ヤン」

問題の古アムダプール市街は、
第五星暦時代……高度な魔法文明で栄えながら、
一夜にして滅びたといわれている都市の遺跡よ。
……もっとも、これは人の記録ではなく、
森の大精霊が教えてくれたことなのだけれどね。
滅びの要因は「不浄なる闇の存在」だったとか……。
都市を一夜にして滅ぼし、それ故に封じられた闇の存在……。
ア・ルンが感じたという暗たんたる気配が、
そいつの目覚めを現していたとしたら……。
 
その先は僕から説明させて、中の姉さま。
 
ア・ルン!
あんたが遅いから、あたしが説明してたんじゃない。
さあ、あんたが感じることを説明してあげて!
 
ほんのかすかだけど……。
古の都市遺跡を封じる大封扉の奥より、
暗くて、おぞましいものの胎動を感じるんだ。
森の精霊たちの動揺も、これまでになく激しくて、
「悪夢が目覚める」と、しきりに警告してるんだけど……
その意味するところが、はっきりしなくて……。
そこで、取り返しがつかない事態になってしまう前に、
この不吉な胎動の原因を突き止めて、
破滅の芽を摘み取ってもらいたいんだ。
 
有能な冒険者のあんただけが頼りなの、よろしくね。
……古アムダプール市街を封じた大封扉の前にいる、
鬼哭隊の「アルフェヌ」に声をかければ、話は通じるはずよ。
 
もしも、胎動の原因が「不浄なる闇」だとしたら……。
いや、変な考えはよそう、まずは森の精霊たちを鎮めないと。
……それじゃ、後は任せたよ。

三重の幻術皇:中の姉「ラヤ・オ・センナ
三重の幻術皇:末の弟「ア・ルン・センナ」

この大封扉の先は、第五星暦時代、
魔法文明を礎に繁栄した都市の遺跡ですが……
霊災時に土属性の力が弱まり、腐り果ててしまった不浄の地……。
大扉を開けば、おぞましい粘菌におかされた
異様な光景がひろがり、危険な魔物が跋扈しています。
それゆえ、許可なき者の立ち入りを禁じています。
大封扉の警備兵「アルフェヌ」

関連項目

ダンジョン


トップ差分 バックアップ リロード  一覧 単語検索 最終更新 ヘルプ最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-28 (金) 00:35:21 (266d)